日本キャンプ協会

キャンプ研究第19巻(2016/2/15)

『キャンプ研究第19巻』を発行しました。今回は、研究論文3題、実践報告5題の合計8題を掲載しています。
より多くの方にお読みいただけるよう、PDFを公開いたします。以下の画像をクリックするとダウンロードできます。
冊子の販売もしておりますので、ご希望の方は日本キャンプ協会までお申し込みください。(本体:1,000円 税別)
 
https://camping.or.jp/wp/wp-content/uploads/2020/04/JCS19.jpg

 

研究論文

不登校中学生を対象とした継続型キャンプの効果に関する検討
築山 泰典・遠藤 浩・橋本 和俊・花田 道子・芳野 和賢

テーマパークでの就業体験を利用した体験教育の試み
甲斐 知彦・関口 陽介・秋山 和子

キャンプにおける安全教育が参加者の危険認知能力の向上に及ぼす効果に関する研究
青木康太朗・横山 誠・粥川 道子

 

実践報告

民間野外教育事業者におけるスキーヒヤリハットの分析
稲松謙太郎・砂山 真一・高瀬 宏樹・岡村 泰斗

高校体育科キャンプ実習報告
三島 和康

長期キャンプの意義を改めて考える
 -「チャレンジキャンプ2015 ~リヤカーで小豆島一周110 ㎞の旅~」の事例から-

徳田 真彦・伊原久美子・久田 竜平・髙橋 宏斗・飯田 輝

くしろアウトドアキッズスクール2015 冒険の旅の実践
森 健太郎

キャンパス近くの自然を活かした活動及び重層的な指導システム
渡辺 亮・永田 千晴・丹藤 里咲・照井 智貴・臼井 勇斗・弓削田崇史・比留間陵介・高橋 侑椰・大杉 清・岩谷 悠紀・遠藤 栞・辻 直人・平山晃太郎・倉品 康夫

 
※ここで公開しているPDFについて、ページ単位での印刷は可能ですが、テキストおよび画像のコピーはできませんので、ご了承ください。
※転載等を希望される場合は、日本キャンプ協会にお問い合わせください。